再生医療関連法について|愛知県名古屋市のがん治療専門クリニック

中国简体中文

再生医療関連法について

 再生医療の実用化と、国民に安心して再生医療が受けられるようにするために、平成26年11月25日に薬事法の改正(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法))と再生医療等の安全性の確保等に関する法律(再生医療等安全性確保法)を施工しました。

 再生医療のリスクに応じた分類を行い、その分類ごとで提供基準や計画の届出等の手続き、細胞培養加工施設の基準と許可等の手続きを定める事で、迅速かつ安全な再生医療を提供する事としました。

 再生医療を行う医療機関は東海北陸厚生局への再生医療等の提供計画の届出が義務付けられている為、この法律の対応無しに再生医療を行う事は出来なくなりました。

対応状況

無料資料請求無料資料請求
資料・パンフレット希望の方は無料資料請求
無料資料請求